理想的なリビングの間取りとは?

2022/07/21 コラム

注文住宅で家を建てる際は、リビングも自由に設計できます。 
その際に気になるのが、間取りではないでしょうか。
今回は、理想的なリビングの間取りについてご紹介します。

▼リビングの間取りを左右する要素
■家具の配置
リビングにはテレビやソファー、テーブルといった家具を置きますよね。
これらをどのように配置すれば、ベストな位置に収まるかを事前に検討して間取りを考えるのがポイントです。

家族の人数によっては、ソファーやテーブルの大きさが変わってきます。
さらに、テレビの位置も合わせて考えないといけません。
家族全員がリビングでテレビを楽しめるようにするには、ゆとりのある間取りにするのがおすすめです。

■リビングに収納を設ける
家を建てるにあたっては、リビングの壁に収納スペースを作っておくと便利です。
収納スペースがあれば、物を入れておくための家具を置かずに済みます。
リビングではテレビを見てくつろぐことが多いと思われますが、その際にDVDやゲームのソフトなどを置いておける場所があると便利ですよね。

物を収納する家具を置くと、リビングのスペースが狭くなってしまいます。
そのため、家を建てる設計の段階で、壁に収納スペースを設けましょう。
そうすれば、リビングは最小限の数の家具で抑えられます。
収納スペースのおかげで、リビングの間取りを広く使えますよ。

▼まとめ
リビングの理想の間取りは、家族構成や必要な家具によって変わってきます。
あらかじめ収納スペースを作っておくことで、リビングを広く使えるでしょう。
小山を拠点とする弊社は、注文住宅の建築を承っております。
リビングの間取りに関するご相談は、弊社までお気軽にお寄せください。