お風呂のバリアフリーリフォームを行うメリット

2022/06/11 コラム

さまざまな理由がきっかけで、お風呂のバリアフリーリフォームを検討している方はいらっしゃいませんか?
お風呂のバリアフリー化に関して、事前にどのようなメリットがあるのか詳しく知りたいという方もいらっしゃいますよね。
そこで今回は、お風呂のバリアフリーリフォームを行うメリットをご紹介します。

▼お風呂のバリアフリーリフォームを行うメリット
■安全性が高くなる
お風呂のバリアフリーリフォームを行うと、転倒防止に繋がるなど安全性が高くなります。
例えば、お風呂に手すりがついていない場合、何かの弾みで転倒する可能性があるでしょう。
お風呂に手すりを付けるなど、安全性を高めるリフォームを行うと、転倒する可能性も低くなります。

■足腰の負担が減る
浴槽の縁が高いとまたぎづらく、足腰に負担もかかります。
バリアフリーリフォームを行い浴槽の縁を下げることで、足腰に負担がかからずお風呂に浸かれますよ。

■万が一の事態に対応できる
最近のお風呂では、給湯器に呼び出しボタンがついています。
何か起こった時に呼び出しボタンを使うことで、他の家族にその事態を知らせることができるでしょう。

▼まとめ
お風呂のバリアフリーリフォームを行うことで、安全性が向上します。
足腰の負担が減って万が一の事態にも対応可能になるので、バリアフリーリフォームを前向きに検討してみてはいかがでしょうか。
リフォームについてお悩みがあれば「株式会社ハウスワーク」までご相談ください。
お客様にご満足いただけるよう、ニーズに合わせたリフォームを行います。